映像

Martin Boverhof (マーティン・ボヴァーホフ)

​

​

アムステルダムを拠点とするデジタルメディア・アーティスト、クリエイティヴ・ディレクター。彼の映像作品は、音楽を視覚化することにチャレンジしている。またコンサートやイベントでもライヴ・パフォーマンスに合わせて映像の即興パフォーマンスなども披露している。1999年より様々な音楽家やサウンド・エンジニアらと実験的なコラボレーション作品を発表しており、2008年にはメディアアート制作グループ「ボーン・デジタル」の立ち上げ、画期的で新感覚のオーディオ・ヴィジュアル技術を使ったショーやエキシビジョンを開催、またクリエイティヴ作品に力を注ぐ。ロボット・フェスティバル(伊)、パッチラブ(ポーランド)、テックフェス(印)、アメーズ(独)などのメディアアート・ゲーム祭やコンセルトヘボー、ドム教会などオランダの歴史的建造物で、モーショングラフィックやVJショー、イラストレーションなどの作品を委嘱、発表している。

English